ポジネガ日常

日常であったポジティブなこと、ネガティブなこと、疑問そしてニュースの感想などを発信します。

嫌なことに対して課題の分離をしてみた

どうもソードです!

普通は家でブログを書いているんですけど、今回は気分を変え公園に行ってブログを書いています。


今日公園行く前に昨日買った「アドラー心理学入門」を読んだんですが、

この時あまり読む気がないのもあり、話が少し難しくてまだ30ページくらいしか読んでいません。


ふとアドラー心理学で思い出したんですけど、課題の分離っていうのがありまして、自分の課題と他者の課題を分けて、生きるのを楽にする方法なのですが、これ前回書いた棚橋のブーイングの件にも使えるんじゃないかと思いました。

まぁまず課題の分離とはなんですかと思っている方がいると思うので説明します。

課題の分離とは

先ほどにも書いた通り、自分の課題と他者の課題を切り分けて、生きるのを楽にする方法です。

自分の課題と他者の課題の見分け方

自分の課題と他者の課題の見分け方「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」もっと簡単に言うと自分で決められるのが自分の課題、決められないのが他者の課題です。


例えば私はAという人が好きです。これは自分で好きか嫌いかは決められるので自分の課題。

逆にAが私のことを嫌いです。でもそれはAが決めたことで、自分(私)が決められることではありませんので他者の課題です。

課題の分離をしてどうするか?

他者の課題を切り捨て、自分の課題だけを見ます。

例え嫌われようとそんなことは気にしなければ良いのです。

相手が困ってようと気にしない。(助けを求めてきた時は別です)気にするだけ精神的にも疲れるし、時間の無駄です。

これを前回の嫌なことに合わすと…

ブーイング…他者(アンチ)の課題

どう受け止めるか…他者(棚橋)の課題

そう!前回の嫌なことには自分の課題など一切なかった!棚橋の課題をまるで自分の課題のように思っていた!

そして自分の課題は棚橋を応援すること!

あー、スッキリした。

まとめ

課題の分離をし、他者の課題を切り捨て自分の課題に集中する!

以上!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございました。是非次回も読んでください。

下のバナーを押してくれると僕のモチベーションがUP↑します!クリックもしくはタップをよろしくお願いいたします。

日記・雑談ランキングへ